シアリスと比べてみよう

シアリスは他のED治療薬と違って優れていると言われることが多いですが、果たして何がどう優れているのでしょうか?当サイトでは、シアリスとその他の薬を比較してどのように優れているのかを考えてみたいと思います。

記事一覧

シアリスやメガリスは個人輸入で注文し発送してもらう

男性のEDが原因で、パートナーとの性行為がうまくいかなくなると、関係が少しずつ悪くなっていく恐れがあります。
熟年離婚のようなことになったらどうしようと思うなら、まずはEDを改善しなければならないので、お近くの泌尿器科で診察を受け、シアリスのようなED治療薬を処方してもらうとよいでしょう。
勃起不全改善に役立つ薬といえば、世界で初めて誕生したバイアグラが有名ですが、食事の影響を受けやすいことと、効果が5時間ほどしか続かないという欠点がありました。
その欠点を改良して作られたのがシアリスで、食事の影響をほとんど受けないので、空腹時を選んで飲む必要はないですし、効果持続時間はおよそ36時間なので、週末の夜をたっぷり楽しめます。
シアリスはどの医療機関で処方してもらっても、健康保険適用外なので1錠で1700~2000円ほどかかります。
性行為のたびに使うとなると、かなりの出費となりますから、費用を安く抑えたい場合はシアリスのジェネリックで知られるメガリスを選ぶようにしましょう。
メガリスは1錠300円~400円ほどで個人輸入代行通販で販売されているので、シアリスに比べればかなりの低価格になります。
成分自体はシアリスと同じで、ほとんど効果も変わらないので、性行為の30分ほど前に摂取するだけで、およそ36時間は効果が持続します。
シアリスと同じく、まれに頭痛やめまいなどの副作用が起こるので、我慢できないほどなら使用を中止するようにしてください。
シアリスもメガリスも個人輸入代行通販に注文すれば、処方箋なしで買えますし、スピーディーに発送してくれるので、誰でも簡単に手に入れることが出来ます。
サイトによって価格が違うので、出来るだけ安価で販売しているところを選んで、利用するようにしましょう。

続きを読む

シアリスの効果時間と妻の都合について

男性の大きな悩みになりえる勃起不全という問題に対して、効果的な解決法を提供してくれるのがED治療薬と呼ばれる飲み薬です。病院を受診し医師の診察を受け、ED治療薬の使用が適当であると認められる場合に処方箋をもらうことができると言う薬です。この種の薬の中ではバイアグラが最も有名です。今でも非常に重要の多いバイアグラですが、現在日本ではバイアグラのほかにレビトラ、シアリスという2種類の薬も処方が可能になっています。これらは医師の判断によって使用が適当と思われるものが処方されることになります。
この中でバイアグラとレビトラと言う薬は非常に効果がしっかりしていることで人気がありますが、1つ問題が存在しています。それは薬の効果をしっかりと出すためには食事に気をつけなければならないという点が挙げられます。より具体的には空腹時に薬を使用しなければ効果を得ることができないのです。そのため食事をしてからの性行為が現実的に難しくなります。例えば妻に内緒で使用する場合などには、食事に対してかなり意識を向けなければ効果を得ることができません。妻などパートナーの協力を得られれば有効に活用できますが、効果時間など様々な問題があるのです。
その点でシアリスに関しては非常に便利な特徴があります。それはまず第一に食事の影響を受けにくいという点が挙げられます。この特徴があるために薬を服用するタイミングに必要以上に配慮せずにすみます。もう一つは効果時間が非常に長いと言う点です。ウィークエンドピルと言う別名があるように、週末に飲めば土日の間は効果が持続すると言う効果時間の長さがあります。この点もシアリスの魅力的な点として好まれる理由になっています。

続きを読む

シアリスとレビトラの比較

シアリスとレビトラはどちらも有名なED治療薬であるので目的は同じではあるのですが、その有効成分は異なっているので全く同じように作用するという訳では無いです。まず、シアリスの場合の有効成分はタダラフィルであり、その大きな特徴としては持続時間の長さと副作用の少なさを挙げる事ができます。そうした特徴があるのはタダラフィルがブロック状の構造をしていてゆっくりと薬の効果が出るためです。持続時間は最大で36時間となっていて、金曜の夜に服用すれば日曜の昼頃までは効果が持続し、一度服用すれば週末の性生活を満喫する事が出来るのでウィークエンドピルとも呼ばれています。また、他の治療薬だと頭痛などの軽い副作用が気になるという人にも適しています。一方、レビトラは有効成分がバルデナフィルであって、こちらの特徴は服用してから効果が出るまでがすぐであるという事が挙げられます。シアリスの場合は短い場合で30分、長いと3,4時間程度かかる場合もあって個人差が大きいのですが、レビトラの場合は空腹時に服用する事で15分から20分程度で効果を得る事が出来ます。そのために、薬を服用してから性行為を行うまでにあまり時間が取れずに即効性を求めている人に適している薬です。持続時間についてはシアリスの方が圧倒的であって、レビトラの場合は成分の含有量にもよりますが、10mgで5時間程度、20mgで10時間程度となっていて、いずれにしてもシアリスと比べると持続時間については短いです。
副作用の面についてもシアリスの方が穏やかである分少なくて済む傾向がありますし、レビトラの場合は硝酸剤以外にもHIV治療薬や抗真菌薬を服用している場合には併用禁忌薬があるので気をつけなくてはならないです。

続きを読む

シアリスとバイアグラの比較

シアリスとバイアグラは共にED治療薬として販売されていて、PDE5阻害薬として薬理作用も同じものとなっています。ED治療薬として世に始めて登場したのがバイアグラで、1999年1月に日本で始めて認可されてからはその名が広がり、EDの薬と言えばバイアグラと呼ばれるほど認知されています。有効成分はシルデナフィル、性行為の1時間前に服用することで効果が発揮し、作用が持続する時間はおよそ5~6時間となります。食事に影響を受けやすいという性質から、基本的には食前の空腹時に飲むことが推奨されています。認知度の問題から、多くの人がバイアグラを使用し、勃起力も他のED治療薬より高いと言われています。その後に開発されたシアリスは日本で3番目に認可された飲み薬で、同じ作用を有していますが有効成分をタダラフィルとして2007年9月から販売されています。バイアグラと同じ効果であるにも関わらず、服用してから効果があらわれるまでの時間が30分から4時間と個人差が大きく、一般的には3時間前に服用することが推奨されています。これだけ長い時間がかかるデメリットとは裏腹に、作用が持続する時間が24~36時間と長く、たとえ食事に影響を受けるとしても、飲むタイミングを考える必要がないのが大きな特徴です。かなり遅れてから発売されたにも関わらず、作用する時間の長さを大きなメリットとして日本だけでなく海外からも評価されています。いまではバイアグラを凌いで全世界のシェアで4割を超えるなど、EDで悩む男性の多くから指示されているのがシアリスです。優れたところもありますが、ED治療薬は個人の体質にも大きく影響を受けるため、バイアグラは有効だけれどもシアリスは効かないという人もいます。必ずしも人に与える効果が同じとは限らないので、自分に合う薬を選ぶことが重要になっています。

続きを読む